続「あ」の道程

立つ鳥あとを…濁しまくり

部長から、今やってる現場の進捗状況について2・3言われた。
工程表と、実際の現場の進み具合に違う部分があったからだ。
「大した部分でもないし、現場事務所には報告してあるからイイや。」ぐらいにしてあった。
その部分に神経質なぐらいに突っ込まれてしまった。
「どうせ止めるから適当にやった」なんて思われるのは絶対イヤだ。
手を抜いたつもりはない。こんな時だからこそ、逆に神経使ってるつもり。

ある部分について、工場側から見せられたモノに対して改善を依頼した。
その結果、当初の工程からちょっぴり納期が遅れる部品が出てきた。
でも現場全体の工程内だからイイやと、自己判断してた。
もちろん現場事務所には報告済み。

部長は全体工程はともかく、自社の提出してある工程表と違うのが気に入らないらしい。
んなもん短納期でやってるんだし、天候とか現場の状況もあるやん!しゃーないやん!
「どーせ辞めるけん、適当にやった」なーんて言われるのはヤだなあ。
もちろん、そんなつもりは無いし。

でも、今更ながらよーく考えてみると
自分らの状況で個人として許す・許さないではなくて
仕事を請け負った会社として許される・許されないを
よーく考えて先に次の手を打たなきゃあダメですね。
後からなーんとでも言えるもんね。ウチが「遅いからダメだった」なんて。

これから行く事になってる会社は小さいです。
会社の中で自分の分だけ、なーんて放っておくと会社が潰れちゃうです。
アレもコレも、自分でやらなきゃならない事になりそう。
やった分はダイレクトに帰ってくるようです、その分キツイんでしょうけど。
[PR]



by ak123 | 2006-02-17 17:54

走っても走っても、腹凹ねー
by ak123
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧