続「あ」の道程

2006年 12月 03日 ( 1 )




07 その2 井川スキー場

朝から遅刻した1Kのステップワゴンで井川に向かう。
うちのムーブと違って広い車内に驚きのR菜さん。
高速降りて山道をあがる。スキー場が近づくにつれ白いものがチラチラと。
そのうち道路にも積雪が見えてきた。昨日の夜に1Kの車のタイヤ替えといてよかった。
予定より1時間遅れでPに到着すると、目の前には見覚えのある車が。
303はかずら橋を通ってきたらしい、なんでや。

いそいそとゲレンデに向かう。雪は降ってるもののゲレンデはモサモサ。
K子さんとR菜さんは滑りにくそう。俺も泣きそう、泣かないけど。
リフトであがるにカザマさんが昨日から有るコブを掘り出していた。
出てきたコブはカチカチだった。相変わらず左足には乗れないなあ。
のれないからぎこちない。それでもモサモサなところ滑るよか楽しい。
途中から放置していたK子・R菜のボーダー親子とリフトにのる。
この二人はリフト降りるのがまだニガテだ。
最初にK子さんが尾てい骨を強打。次いでR菜さんがヒザを強打してリタイヤ。
よくみると303も1Kも見当たらない。三時になったので帰り支度の時間になってた。
きょうはK子さんの誕生日のお祝いがあるのだ。帰り道は松山市内が混んでたぐらい。
六時前には家に着いた。

なんだかんだ言いながらK子さんもR菜さんも楽しんでくれたみたい。
ただ、K子さんはソフとなヒップパットを買ってあげないと。
ぼくのだとサイズが合わなくて(?)尾てい骨をカバーできないようで。
R菜さんは、、、こんどはスキーをするといきまいていた。
そういえばU也の使っていたスキーブーツはもうU也には小さくなっていた。
だってアイツ、俺の靴下履きやがるもんなあ。。。
こんどU也のスキーブーツをR菜さんに履かせてみよう。
[PR]



by ak123 | 2006-12-03 23:59

走っても走っても、腹凹ねー
by ak123
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧